作者別: admin

発達障害の種類 (LD 学習障害)

No Comments

知能的な障害や遅れはみられないのに、「言葉」や「計算」などの修得や理解に障害がある状態を示します。この障害をもつ子どもたちは、ある誤解に悩まされることがあります。本人は、一所懸命勉学に取り組んでいるにも関わらず、周囲からは、怠けている、努力不足などと評価されてしまい、そのようなレッテルを貼られる事で、当人も自信を失くしてしまうといった事例も報告されています。学習障害を抱える人たちも、脳機能に障害がある事が分かっています。この脳の障害を治療する事は困難ですが、脳の働きを他の機能がサポートする事で、その働きを補う事ができます。学習障害は、千差万別で、個人個人の不得意な分野があるものなので、その苦手な分野を特定してから、周囲の協力の元、その能力を可能な限り伸ばしてあげる事が鍵となってきます。その学習障害の特性によって、支援の仕方が変わってくるので、サポートの形態は、個々人によって変わってきます。最近では、授業中に文字の記入が苦手な子にはパソコンの使用を認めたりする事で、一般の学生と同じ教室で学習出来る工夫が支援の輪として広がりをみせています。

・話す

・読む

・書く

・計算

などの学習の修得が困難な状況が、長期的にみられる場合は、努力や根気などを強制せず、学習障害を疑ってみる事も必要な気付きとなるかもしれません。

Categories: Uncategorized

発達障害の種類 (ADHD 多動性障害・注意欠如)

No Comments

ADHDの発達障害を表わす言葉として、よく使われる表現は、

「落ち着きがない」

「不注意」

「考えもなく行動する」

といった表わし方をする事が多いです。

幼少期の子どもの行動は、上記のような表現で表わされる事が大半なので、実際、幼児期にADHDの症状を判別するのは難しいとされています。このような発達障害をもつ子どもたちが、幼稚園や小学校に、入学、入園し、集団の中で顕著に現れるのがこのADHDの特性を言われています。忘れ物が多く、集中力が足りないといった子どもは、クラスメイトの中に1人や2人いたはずです。また、おしゃべりで、友人と感情的にケンカをしやすいそんな子もいませんでしたか?そのような形で、他の子とは違ってみえる子が、発達障害をもっている可能性は高いです。このADHDは、兄弟や家族間での共通性が報告されていて、遺伝子との関わりが注目されています。また、脳内の神経伝達物質のドーパミンとノルアドレナリンが、この特性に大きく関わりがあるとされています。集中力が乏しく、注意力が散漫なので、事故に合い易い事もデータとして上がっています。また、そのような事故に合ったり巻き込まれた際、ケガなどの程度が比較的、重くなるような傾向があるので、幼少期の子どもの行動には注意が必要です。

Categories: Uncategorized

家族を支える機関を知ろう

No Comments

実際に、医療機関を尋ねると、発達障害を専門に診察する現場などでは、当人だけではなく、親御さん側のサポートを積極的に行っている機関もでてきているようです。現実的には、発達障害をもつ子どもの診察が優先されてしまうので、やはり、両親の抱えるストレスや不安は二の次の対応となっている厳しい現状があります。

そのような、両親を支える機関として、有効と考えられているのが、発達障害を考える親子会や、家族会、NPO団体など、組織化されたグループに、自ら所属して話合いの場を設けたり、情報交換をするといった自発的な活動力です。そのような、同じ境遇をもった人々の輪の中で、気軽に日常的な悩みを打ち明けて、話し合う事で、前向きな姿勢で子どもたちと接する事が、発達障害を抱える当人たちへのサポートにも大きく影響すると言われています。そのような活動を、「ペアレンツトレーニング」などと呼ばれる事もありますが、実際に支援機関や団体に所属したところ、居心地が悪いようなケースでは、所属先を替えるようなアドバイスもされています。このような団体では、本音で話せる事やリラックスする事が、重要ポイントですので、自分には合わないグループであると感じた時は、深入りせず、次の組織にアプローチを試みて、自分が納得するような団体に所属する事が大切です。定期的に行われる、集会や講習会などで、多くの体験談などを聞くことで、不安を安心に替えていく積み重ねが出来るような居心地の良い場を探してみましょう。

Categories: Uncategorized

発達障害と家族

No Comments

発達障害をもつ子どもを育てる、親御さんにも、支援やサポートが必要となります。発達障害をもつ当人だけではなく、彼らを支える家族や周囲の人々もストレスを溜めやすいと言われています。発達障害をもつ家族自身が、多くのサポートを必要としている為、学校生活や、職場環境など、様々な場面での支援がクローズアップかれがちですが、当人を日々支えている家族の存在に注目をしてみましょう。

発達障害を抱える当人は、日々、不安や疲労を抱えながら過ごしている事が多いと言われています。その家族も実は、当人たちの将来への不安や、自身のストレスと向かいながら日常生活を送らなくてはなりません。発達障害の子どもたちの自活、自立への不安は、治らない障害と呼ばれているだけ、大きな不安や、終わる事のない心配を繰り返す事になります。実際の親御さんたちの声を集めてみると、当人だけではなく、彼らを支える家族を見守る相談所や相談窓口が必要だという意見があるそうです。専門家などからも、そのような相談機関のバックアップが、障害発達に直面する家族には、重要性が高いと声があがっているようです。

Categories: Uncategorized

発達障害の予防法

No Comments

発達障害を予防するには、家族の支援が不可欠です。発達障害者が、学校の成績が優秀で、成人してからの職場での評判もよく、当人の健康管理にも問題がみられないとしても、安心していられない事もあります。学校でも職場でも家庭でも、問題を起こさず、周囲の的確なサポートにより、一見、障害が改善されたような発達障害者であっても、「お金の管理」を苦手とするケースは多数見受けられるようです。発達障害の特性として、「時間とお金の管理が苦手」であるという報告は多数寄せられているようです。時間や空間といった目で把握しづらいものを、考慮する事が苦手であるといった特性は、誰しもありますが、その能力が極端に偏っているのが、発達障害者たちなのです。その中でも、「お金の管理」に関しては、重大な問題に発展し兼ねない要素もあるので、家族のサポートは、必要不可欠となります。誰しもが、衝動買いをしてしまい翌月のお給料日まで、寂しいお財布を眺めるだけといった苦い経験をもつものですが、発達障害者は、お金に関するトラブルの巻き込まれている事も当人自身、気付かない事もあります。学校でも職場でも、問題を起こさなかった発達障害者が、成人期以降に、深刻な金銭トラブルに巻き込まれるといった例は、多く見られ、その多くは、そういったトラブルを繰り返す傾向があるといったデータもあるようです。家族間でも、お金の事は話す機会が少ないものですが、発達障害者にとっては死活問題になり兼ねません。定期的に、金銭的なテーマをもって、話合いをする事は大切な事です。現在と将来を踏まえたお金の設計図を、一緒に作ってみましょう。

Categories: Uncategorized

二次障害の種類のいろいろ

No Comments

発達障害の二次障害として、「不登校」「ひきこもり」「ニート」などといったワードが出される事もあります。これは、発達障害が引き起こす、社会的なトラブルが、当人の心身の不安定、自信喪失、いじめ、孤立などを生み出し、周囲の人々との接触を避けるうちに、「不登校」「ひきこもり」「ニート」になってしまうケースがあると言われています。発達障害をもつ子どもたちは、何かしらのサインを日常生活の中に出しているはずです。そのサインを見逃さない事が早期発見の鍵となります。

【発達障害をもつ子どもたちの行動例】

・部屋を片付けられない

・目線を合わせない

・変な目つきをする

・触れられる事を避ける

・落ち着きがない

・かんしゃくをすぐ起こす

・名前を呼んでも反応しない

・音や光・臭いに敏感に反応する

・笑わない

上記の行動は、あくまでも例ですが、子どもの行動に気になる点があるような場合は、観察を繰り返し、育児ノートに記録しておく事が重要です。のちに医療機関を診察に訪れるような時に、ドクターへ日常の子どもの行動を伝える為の重要なアイテムとなってきます。ドクターや、専門のカウンセラーとの診察時間は限られています。日頃から、子どもの気になる行動に関しては、記録しておく事が必要です。

Categories: Uncategorized

発達障害と就労前準備

No Comments

発達障害者の就労選びは、「向き」「不向き」の傾向が、既にある程度データ化されているので、発達障害を支援する就労相談窓口などでは、就労に関する専門のアドバイザーが対応してくれる機関も出てきています。就労に関する支援やアドバイス、サポート的な役割をしてくれる人を「ジョブコーチ」と呼んでいます。発達障害の「特性」を良く知る人に相談をする事で、より適性のある職種を選ぶ事ができるメリットがあります。

発達障害者に向いていると言われている作業例
●パソコン作業
●専門的な情報や知識を覚える
●細かな商品の在庫管理
●単調な反復作業
●難しい文字や文章の読み書き

などは、あくまでも一例です。重要な事は、当人の「特性」を見極め、個人的にどういった職種が適していて、本人の希望と折り合いがつくのかどうかという判断が、最も優先されるべき事です。就労の目的は、面接や試験に通る事ではなく、その後の、当人と雇い主が相互に良好な雇用関係を結べるか否かという点になります。トラブル続きの職場では当人も雇い側も、不用な問題を抱えるだけになってしまう可能性もあるので、就職後の職場環境の相談相手としても、ジョブコーチや、専門の支援者を頼ることはとても重要視されている事です。

Categories: Uncategorized

発達障害と進路

No Comments

発達障害者にとって、進学先や就職先を選ぶ事は、簡単な事ではありません。もちろん、誰にとっても進学先や就職先を決断する事は悩みがつきものです。発達障害の「特性」によって、当事者の「得意分野」「不得意分野」に、行動力を区分して選別するとスムーズな職選びができる事が多いです。

【進学の場合】
●「好きな事」「嫌いな事」
●「好きな教科」「嫌いな教科」
●「得意な勉強」「苦手な勉強」
●「学校でやってみたい事」「学校でやりたくない事」

【就労の場合】
●「好きな事」「嫌いな事」
●「得意な事」「苦手な事
●「やりたい仕事」「やりたくない仕事」
●「チャレンジしてみたい仕事」

など、当事者本人の嗜好を書き出し、明確化する事で、具体的な進路・職選びへの近道となります。発達障害の人々は、自身の「特性」に気付いていない可能性もあるので、進学や就職先選び時の第3者のサポートは、進学や就労後の当人の活動に大きな影響をもたらします。まずは、当人と家族、もしくは支援者を交えて、「特性」を念頭においた当人の「行動力」を見直してみましょう。

Categories: Uncategorized

受け入れ先の心得

No Comments

 デイケアのトレーニングを経た人たちは、晴れて就職することになります。受け入れ先の企業にとって、障害者を雇用することは、決して負担の小さなことではないと思います。しかし実際に受け入れている企業の話によれば、想像以上に大変だと感じることも無いようです。実際、某施設では、発達障害者を初めて雇用したのですが、当初予想された配慮が、結果的に必要でなくなったのだそうです。確かに発達障害者にはコミュニケーションの苦手な人が多く、雑談等で盛り上がることはほとんど見られませんが、パソコンのような集中力を要する作業は意外にも得意とする人が多く、情報収集、入力共に正確を極めていたりします。周囲の受け止め方次第では、仕事の失敗も可愛らしいものとして、その人の個性として堪忍できるものです。そうした配慮は障害の有無を問わず、円滑な社会生活を築き上げる上で、どの企業にも問われることでしょう。
 発達障害のための制度設計は、まだまだ発展途上です。今後はますます障害が人口に膾炙し、企業の支援も深まっていくのではないでしょうか。もちろん民間にばかり任せていてはいけません。政策として如何に障害者に優しい社会を築き上げられるかが、一人一人の有権者に問われているということを、各々忘れてはなりません。

Categories: Uncategorized

デイケアのポイント

No Comments

 発達障害に最初に気付く可能性の高い人は、おそらく母親ですはないでしょうか。特に、他の子どもと同様に興味を示す様子が見られなかったり、友達と仲良く遊ぶことが出来なかったりすると、何かが変だと分かることが多いみたいです。デイケアでは、本人はもちろんのこと、保護者を始めとした関係者の不安を解消するべく、丁寧に発達障害の説明、啓蒙に尽力しています。デイケアの特徴は、何と言っても障害仲間が集まることの有効性です。これは、コミュニケーション能力の低い人同士なら良いという意味ではありません。コミュニケーション能力の低い人の中には、いわゆる不安障害者も含まれていますが、彼らは発達障害者とは本質的に異なります。つまり、純粋な発達障害者のみが集まってケアを受けることで、初めてデイケアは効力を発揮するのです。
 要は、発達障害の各疾患の特性に合わせた治療アプローチが、何よりも大切になるということです。そうすれば、本人と周囲が、得意な事を活かして社会に参画するという具体的な目標を掲げ、意欲的にトレーニングすることが出来ると思います。アプローチの際は、生き辛いと感じる機会を減らすことが大切です。そのためには、不適応経験を減らすことが肝要になります。自分が不適応を起こすシチュエーションのパターンを学び、理解することから始めるのです。自分の欠けている能力を認識した上で、専門家の協力を得ながら、今後の克服方法を策定します。その際、完璧主義に陥らず、出来る範囲で実践することを心掛けましょう。例えば、ASDの人は、聞いた情報の処理過程に問題のあることが知られています。指示の意味が分からなかったり、集中して聞けなかったり、長い説明を整理することが出来なかったりします。ですからASDの人は勤め先において、口頭ではなく、文書で指示するように、またフローチャートを作ってもらうように要求すればよいのです。

Categories: Uncategorized