発達障害を支える人々

No Comments

「発達障害」を支える人々は、様々な専門分野で、子どもたちの成長や、その家族の支援活動を行っています。

小児科医、看護師、作業療法士、理学療法士、臨床心理士、言語聴覚士、保育士、教師、学童保育指導員、ボランティアなど、多くの専門スタッフや、ボランティアの人々が、「発達障害」をもつ子どもたちの療育に取り組んでいます。それぞれの専門職に就くには、専門的な知識を得る為に、個々の教育機関で長期に渡り学習し、訓練を受け、それぞれの資格を取得する事で、専門的な職業に就く事ができます。このような専門的な知識を得た人々とは、異なり、「発達障害」をもつ子どもたちの両親は、生まれて来た我が子が、「障害」をもっている事に気づくまで、その専門知識を深く得ようとは、通常は考えなかったはずです。「発達障害」をもつ子どもたちの子育てが始ったとたん、その知識がないままに、日々、奮闘しながらその「障害」について学び、試行錯誤していかなくてはならないのです。通常の子育てにも、たくさんの困難はありますが、「発達障害」をもつ子どもたちの子育てには、時として、両親に絶望を感じさせてしまうような出来ごとがやってくるかもしれません。「発達障害」をもつ子どもたちの両親の多くが、たくさんの悩みや不安を抱えている事は、様々なご両親からの声として報告されています。その中の絶望的な声が、いつの日か希望に変わる事があるのだという事を、多くの「発達障害」に関する専門家たちは知っています。「発達障害」をもつ子どもたちとの生活の中で、悩みや不安を抱えているご両親とともに、子どもたちを支えようと、療育活動に取り組んでいる人々は、社会の中にたくさんいるのです。彼らは、長い年月、「発達障害」について学び、発達障害による「障害」を支援しようとして活動している、頼もしい存在です。「発達障害」をもつ子どものご両親には、何の準備もないままに、日々、子どもたちの「障害」と格闘し、発達障害という「障害」の存在を知っていくのです。子育てに、悩みをもったり、不安になる事は当たり前です。社会には、「発達障害」に関するプロフェッショナルが存在する事を、常に忘れずに心にとめていて頂きたいと考えています。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です