発達障害が教えてくれたこと

No Comments

発達障害を区分し、その特性を細かく分析、理解する事は、サポートをその的確な行う上で必要不可欠なことであります。発達障害をもつ子どもたちの状況を、詳細に至るまで理解する事は、時として困難であります。発達障害の症状は、合併してその特性がみられる事も少なくありません。また、その他の病や心の病気と鑑別が難しく、誤った病名で診断されてしまうケースも少なくはありません。誤診は、障害をもつ人々のサポートをする上での大きな障壁となります。発達障害をもつ人々が、どのような特性で困惑しているのかを見極める事は、安易な事ではありません。ですが、現在に至るまでの研究結果やデータが導きだしている障害へのアプローチは、障害と社会が共存する上で大きな役割を果たしています。障害をもつ人々が、生きづらさを感じる事が少なくなる社会づくりが、将来を明るくする道筋を照らしている気がしています。また、障害を持つ人々が発信する、発達障害についての書籍なども注目されています。彼ら自身が、障害と向き合う姿は、人々の共感を呼び、時として人生の壁にぶつかった人々を心から応援するようなメッセージがあると評判を呼んでいるようです。発達障害を紐解く事は、人々の営みについて紐解いているような感覚になる事があります。私達人間は、孤独な存在ではありますが、社会性をもって生活をする事が不可欠でもあります。発達障害の事例を読み進めるにあたって、周囲の人間に支えられている感謝を忘れてはいけない、そんな気持ちにさせられました。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です