発達障害の種類 (LD 学習障害)

No Comments

知能的な障害や遅れはみられないのに、「言葉」や「計算」などの修得や理解に障害がある状態を示します。この障害をもつ子どもたちは、ある誤解に悩まされることがあります。本人は、一所懸命勉学に取り組んでいるにも関わらず、周囲からは、怠けている、努力不足などと評価されてしまい、そのようなレッテルを貼られる事で、当人も自信を失くしてしまうといった事例も報告されています。学習障害を抱える人たちも、脳機能に障害がある事が分かっています。この脳の障害を治療する事は困難ですが、脳の働きを他の機能がサポートする事で、その働きを補う事ができます。学習障害は、千差万別で、個人個人の不得意な分野があるものなので、その苦手な分野を特定してから、周囲の協力の元、その能力を可能な限り伸ばしてあげる事が鍵となってきます。その学習障害の特性によって、支援の仕方が変わってくるので、サポートの形態は、個々人によって変わってきます。最近では、授業中に文字の記入が苦手な子にはパソコンの使用を認めたりする事で、一般の学生と同じ教室で学習出来る工夫が支援の輪として広がりをみせています。

・話す

・読む

・書く

・計算

などの学習の修得が困難な状況が、長期的にみられる場合は、努力や根気などを強制せず、学習障害を疑ってみる事も必要な気付きとなるかもしれません。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です