発達障害の種類 (ADHD 多動性障害・注意欠如)

No Comments

ADHDの発達障害を表わす言葉として、よく使われる表現は、

「落ち着きがない」

「不注意」

「考えもなく行動する」

といった表わし方をする事が多いです。

幼少期の子どもの行動は、上記のような表現で表わされる事が大半なので、実際、幼児期にADHDの症状を判別するのは難しいとされています。このような発達障害をもつ子どもたちが、幼稚園や小学校に、入学、入園し、集団の中で顕著に現れるのがこのADHDの特性を言われています。忘れ物が多く、集中力が足りないといった子どもは、クラスメイトの中に1人や2人いたはずです。また、おしゃべりで、友人と感情的にケンカをしやすいそんな子もいませんでしたか?そのような形で、他の子とは違ってみえる子が、発達障害をもっている可能性は高いです。このADHDは、兄弟や家族間での共通性が報告されていて、遺伝子との関わりが注目されています。また、脳内の神経伝達物質のドーパミンとノルアドレナリンが、この特性に大きく関わりがあるとされています。集中力が乏しく、注意力が散漫なので、事故に合い易い事もデータとして上がっています。また、そのような事故に合ったり巻き込まれた際、ケガなどの程度が比較的、重くなるような傾向があるので、幼少期の子どもの行動には注意が必要です。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です