家族を支える機関を知ろう

No Comments

実際に、医療機関を尋ねると、発達障害を専門に診察する現場などでは、当人だけではなく、親御さん側のサポートを積極的に行っている機関もでてきているようです。現実的には、発達障害をもつ子どもの診察が優先されてしまうので、やはり、両親の抱えるストレスや不安は二の次の対応となっている厳しい現状があります。

そのような、両親を支える機関として、有効と考えられているのが、発達障害を考える親子会や、家族会、NPO団体など、組織化されたグループに、自ら所属して話合いの場を設けたり、情報交換をするといった自発的な活動力です。そのような、同じ境遇をもった人々の輪の中で、気軽に日常的な悩みを打ち明けて、話し合う事で、前向きな姿勢で子どもたちと接する事が、発達障害を抱える当人たちへのサポートにも大きく影響すると言われています。そのような活動を、「ペアレンツトレーニング」などと呼ばれる事もありますが、実際に支援機関や団体に所属したところ、居心地が悪いようなケースでは、所属先を替えるようなアドバイスもされています。このような団体では、本音で話せる事やリラックスする事が、重要ポイントですので、自分には合わないグループであると感じた時は、深入りせず、次の組織にアプローチを試みて、自分が納得するような団体に所属する事が大切です。定期的に行われる、集会や講習会などで、多くの体験談などを聞くことで、不安を安心に替えていく積み重ねが出来るような居心地の良い場を探してみましょう。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です