発達障害の予防法

No Comments

発達障害を予防するには、家族の支援が不可欠です。発達障害者が、学校の成績が優秀で、成人してからの職場での評判もよく、当人の健康管理にも問題がみられないとしても、安心していられない事もあります。学校でも職場でも家庭でも、問題を起こさず、周囲の的確なサポートにより、一見、障害が改善されたような発達障害者であっても、「お金の管理」を苦手とするケースは多数見受けられるようです。発達障害の特性として、「時間とお金の管理が苦手」であるという報告は多数寄せられているようです。時間や空間といった目で把握しづらいものを、考慮する事が苦手であるといった特性は、誰しもありますが、その能力が極端に偏っているのが、発達障害者たちなのです。その中でも、「お金の管理」に関しては、重大な問題に発展し兼ねない要素もあるので、家族のサポートは、必要不可欠となります。誰しもが、衝動買いをしてしまい翌月のお給料日まで、寂しいお財布を眺めるだけといった苦い経験をもつものですが、発達障害者は、お金に関するトラブルの巻き込まれている事も当人自身、気付かない事もあります。学校でも職場でも、問題を起こさなかった発達障害者が、成人期以降に、深刻な金銭トラブルに巻き込まれるといった例は、多く見られ、その多くは、そういったトラブルを繰り返す傾向があるといったデータもあるようです。家族間でも、お金の事は話す機会が少ないものですが、発達障害者にとっては死活問題になり兼ねません。定期的に、金銭的なテーマをもって、話合いをする事は大切な事です。現在と将来を踏まえたお金の設計図を、一緒に作ってみましょう。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です