発達障害と就労前準備

No Comments

発達障害者の就労選びは、「向き」「不向き」の傾向が、既にある程度データ化されているので、発達障害を支援する就労相談窓口などでは、就労に関する専門のアドバイザーが対応してくれる機関も出てきています。就労に関する支援やアドバイス、サポート的な役割をしてくれる人を「ジョブコーチ」と呼んでいます。発達障害の「特性」を良く知る人に相談をする事で、より適性のある職種を選ぶ事ができるメリットがあります。

発達障害者に向いていると言われている作業例
●パソコン作業
●専門的な情報や知識を覚える
●細かな商品の在庫管理
●単調な反復作業
●難しい文字や文章の読み書き

などは、あくまでも一例です。重要な事は、当人の「特性」を見極め、個人的にどういった職種が適していて、本人の希望と折り合いがつくのかどうかという判断が、最も優先されるべき事です。就労の目的は、面接や試験に通る事ではなく、その後の、当人と雇い主が相互に良好な雇用関係を結べるか否かという点になります。トラブル続きの職場では当人も雇い側も、不用な問題を抱えるだけになってしまう可能性もあるので、就職後の職場環境の相談相手としても、ジョブコーチや、専門の支援者を頼ることはとても重要視されている事です。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です