受け入れ先の心得

No Comments

 デイケアのトレーニングを経た人たちは、晴れて就職することになります。受け入れ先の企業にとって、障害者を雇用することは、決して負担の小さなことではないと思います。しかし実際に受け入れている企業の話によれば、想像以上に大変だと感じることも無いようです。実際、某施設では、発達障害者を初めて雇用したのですが、当初予想された配慮が、結果的に必要でなくなったのだそうです。確かに発達障害者にはコミュニケーションの苦手な人が多く、雑談等で盛り上がることはほとんど見られませんが、パソコンのような集中力を要する作業は意外にも得意とする人が多く、情報収集、入力共に正確を極めていたりします。周囲の受け止め方次第では、仕事の失敗も可愛らしいものとして、その人の個性として堪忍できるものです。そうした配慮は障害の有無を問わず、円滑な社会生活を築き上げる上で、どの企業にも問われることでしょう。
 発達障害のための制度設計は、まだまだ発展途上です。今後はますます障害が人口に膾炙し、企業の支援も深まっていくのではないでしょうか。もちろん民間にばかり任せていてはいけません。政策として如何に障害者に優しい社会を築き上げられるかが、一人一人の有権者に問われているということを、各々忘れてはなりません。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です