デイケアのポイント

No Comments

 発達障害に最初に気付く可能性の高い人は、おそらく母親ですはないでしょうか。特に、他の子どもと同様に興味を示す様子が見られなかったり、友達と仲良く遊ぶことが出来なかったりすると、何かが変だと分かることが多いみたいです。デイケアでは、本人はもちろんのこと、保護者を始めとした関係者の不安を解消するべく、丁寧に発達障害の説明、啓蒙に尽力しています。デイケアの特徴は、何と言っても障害仲間が集まることの有効性です。これは、コミュニケーション能力の低い人同士なら良いという意味ではありません。コミュニケーション能力の低い人の中には、いわゆる不安障害者も含まれていますが、彼らは発達障害者とは本質的に異なります。つまり、純粋な発達障害者のみが集まってケアを受けることで、初めてデイケアは効力を発揮するのです。
 要は、発達障害の各疾患の特性に合わせた治療アプローチが、何よりも大切になるということです。そうすれば、本人と周囲が、得意な事を活かして社会に参画するという具体的な目標を掲げ、意欲的にトレーニングすることが出来ると思います。アプローチの際は、生き辛いと感じる機会を減らすことが大切です。そのためには、不適応経験を減らすことが肝要になります。自分が不適応を起こすシチュエーションのパターンを学び、理解することから始めるのです。自分の欠けている能力を認識した上で、専門家の協力を得ながら、今後の克服方法を策定します。その際、完璧主義に陥らず、出来る範囲で実践することを心掛けましょう。例えば、ASDの人は、聞いた情報の処理過程に問題のあることが知られています。指示の意味が分からなかったり、集中して聞けなかったり、長い説明を整理することが出来なかったりします。ですからASDの人は勤め先において、口頭ではなく、文書で指示するように、またフローチャートを作ってもらうように要求すればよいのです。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です