発達障害について

No Comments

誰しもに「苦手」分野、「得意」分野といった、凹凸があるはずです。発達障害における、専門的な療育プログラムや、トレーニングが見直されるようになり、その障害への支援の輪は、必要な人々へ届けられつつあります。そのような社会的活動の中で、再認識されつつある存在が、発達障害の診断はないけれど、「苦手」な分野と「得意」な分野のギャップを埋める為の予防的対応が必要な人々です。診断名はないけれど、学習面や社会的スキルなどに問題のある子どもや大人に対して、多様な対応を試みる対策の必要性が認められつつあります。自分らしさを理解し生きて行く力が、今後の社会的な組織体制としての課題となりそうです。

そのような取り組みの中に「シニア世代」の人々の介入が、画期的な流れを生む現場もあるようです。定年退職などをしたシニア世代の人々には、長年の間に培われた様々なキャリアをはじめ、社会的対応力、困難や挫折などにおける適応力など、豊富な経験と知識が「人間力」として備わっています。そのような人生の先輩方が、どのように自身と向き合い、社会性を身に着け、時として困難や難題に立ち向かってきたのかという経験を身近に見聞きする事で、社会的対応力を学ぶ生涯学習的な活動も見直されつつあります。このような取り組みは、企業や、学校、育児の現場など様々な分野での導入が期待され注目を集めています。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です